ウマキチキチ

ここは馬吉が管理する版権二次創作と創作イラストサイトです。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

川本喜八郎人形美術館に行ってきた


さわらさんとゆもーんさんと名古屋駅で待ち合わせ。

kihachiro.jpg
バスに揺られること2時間、飯田にある川本喜八郎人形美術館ついに到着!

kome.jpg
丞相がお出迎え。「遠路はるばるようこそ・・・・去れ!」ってなぜか聞こえた。だって歓迎してる表情じゃないよ。

念願の美術館!展示は年に何回か変わるらしく人形劇きっての癒し系、張魯と張松が見られないんじゃないかと不安だったけど、大丈夫。ちゃんといました。可愛い可愛い( ´∀`)
あと語りたい事が多すぎて長文になりそうなので、これよりダイジェストでお送りします。

●紳々と竜々いた。●劉備と劉禅並んで立つ。しかも同じポーズ。●左慈の目が赤く光る。●龐統の服はスリット。●紫虚上人だけ顔の生地がちりめん。●照明で表情が変わるように作ってある●人形の衣装は全て種類が違う和の帯。●火宅超怖い。●脳髄をつつかれる。●トラウマできる。

最後に人形を実際に動かして難しさを体験してみようって事で、兵卒くん人形で遊びまくってたら愛着が沸いちゃいました。持って帰りたかったな。また来るよ兵卒くん。

小学生の時にテレビで見てた人形が今こうやって見る事ができるのは、川本先生をはじめ、美術館を作った飯田の人たちのお陰なんだなとしみじみ思いました。ありがとうございました。飯田町もレトロでいい町だったよ。

yanagida.jpg
美術館に長時間いたにも関わらずまだまだ時間が余っていたので散歩。そこで柳田國男館を発見。関連本がたくさんあったんだけど、民俗学は高尚過ぎてよく分からなかったので図鑑的なものはないかと探してみたら「柳田國男写真集」なるものが!三人でキャッキャ言いながらまるでアイドル写真集を鑑賞するかのように楽しみました。ごめんなさい。

それから名古屋駅に戻ってお酒飲みながら水魚について語り合い、濃厚で有意義な一日を過ごしました。またご一緒したいな。
スポンサーサイト

| 3594 | 00:21 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。